blog.takurinton.dev

サポーターズの1on1面談に参加した話

2020-06-11

こんにちは

こんばんは、先日サポーターズの1on1面談イベントに参加したので記事にしたいと思います。

簡単にまとめると、とっても楽しかったし充実した時間になったけど、その分周りのエンジニア志望の学生との差を痛感してとても刺激がもらえたイベントでした!!!!

こちらのリンク

#事前に準備したこと

このイベントは、各ターンの最初に学生から企業に5分ほど自己紹介をする時間が設けられています。その際にスライドが必要なので作成しました。

スライドの感覚としては、簡単に自己紹介をして、これまでやってきたことが伝わればいいと思います。

(なんかスライドの読み込みがとんでもなく遅い気がする)

また、それぞれの企業のHPをさらっとだけ確認してから臨みました。

また、別で制作物やインターン経歴などを簡単に一覧としてまとめたスライドを作成して、いつでも参照できるようにして臨みました。

この方法はスライド自体の量も多くならないし、簡単に参照することができるためおすすめです。(3人くらいの方から別スライド作るといいよとアドバイスもらった)

イベント開始!!

私はこの日7社の企業さんと面談させていただきました。

どの企業さんもとても好印象で、働きたい欲は増すばかり。早く就職して現場のエンジニアとして働きたいです。。。。

私が面談させてもらった企業さんは以下の7社です。

- アカツキ

- 楽天

- Hamee

- クックパッド

- 日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ

- ドリコム

- ヤフー

そうそうたる顔ぶれですね。他にも面談したい企業さんはたくさんいましたが、今回はお預けということで(贅沢言うな!!!)

※インターンエントリーしてる企業さんは外されてる印象があったので、企業さんによってはそこらへんも考慮してるのかなという印象を受けた。

次に、1社ごと簡単にですが感想をまとめたいと思います。

なお、どこまで話していいのかわからないので、だいぶ抽象的な表現になります。

また、あくまで感想ですので参考程度に見てもらえればと思います。

アカツキ

ゲーム事業に力を入れている会社で、最近だとリアル領域という一見変わった領域の事業にも踏み入れていて、いわゆるアウトドア系のサービスを開発したりしているらしいです。リアル領域は人間に直接サービスを与えられる領域でとても興味が湧きました。

人事の方とエンジニアの方と面談したのですが、ほんとに印象が良くて、こちらの話をよく聞いてくれて話しやすかったです。また、自己紹介プレゼンに関してのアドバイスまでいただけてこちらも大満足。インターンシップにもエントリーしようと思います。

楽天

人事の方1人とエンジニアの方2人との面談でした。

個人的に小さい頃から使用しているサービスを展開している企業で、実際に面談をしてみて技術力が高い印象を受けました。「若いうちからものを言える環境や挑戦させてくれる環境はありますか?」と質問したら、新卒2年目の社員が社内で使用してる言語やフレームワークを新しいものに変えたとかいうなんとも凄いエピソードを聞くことができました。それくらい物怖じしない姿勢がエンジニアには大切だと思っていたので、そういう挑戦できる環境があるということが確認できでよかったです。結局行動するのは自分なので、その姿勢を見習っていきたいなあ。。。。あとは、リーダーシップやコードを書くときに意識してることなど実務でのことも教えていただけました。

また、公用語が英語ということでやっぱり英語大事だなあと思いました。

Hamee

エンジニアの方1人と人事の方1人との面談でした。人事の方は弊学近くの出身だということで親近感が湧き、さらにエンジニアの方は弊学の出身ということでより話しやすく、完全にリラックスモードに入ってしまいました。笑笑

制作物を見ていただいたり、その制作物に対しての注意したことや工夫したことなどを聞いていただけました。

最後にインターンのエントリーを誘われましたが、現段階でインターンエントリーしすぎてどうなるかわからないので、メールアドレスだけもらって状況次第で連絡するという形を取らせていただきました。(エントリーしたいと思ってる)

クックパッド

エンジニアの方2人との面談でした。サービス自体がすごく好きで、クックパッドのインターンも申し込んでいたのですが、コーディングテストを受け忘れていたというなんとも情けない事情を説明したら、なんと再試験をさせていただけることになりました。感激!!!面談してくださったエンジニアの方には感謝しかないです。

サービス自体の内容や会社のこと、使用言語などを細かく教えていただいたり、技術面を評価してもらえたりとても楽しい時間を過ごすことができました。

技術力が非常に高い印象を受けて、フィードバックでは「社風とマッチしてる」なんていうことまで書かれてて感動しました。インターン行きたひ!!!

ps. コーディングテストは先日受けさせていただきました。感謝!!!

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ

エンジニアの方1人と人事の方1人との面談でした。大変申し訳ないのですが、日本タタ・コンサルタンシー・サービシズはこの面談イベントの参加が確定するまで存じ上げませんでした。そもそもSIerにあまり興味がなく、自社サービスの開発をしている企業を中心に就活を行ってきたので、あまり目に入っていませんでした。でも、話を聞いてみると、世界中に展開している企業なため、様々な言語や様々な文化、また、エンジニアリング以外の領域への知識や理解も身につくということで、興味が湧きました。SIerとなるとここら辺が働く上でメリットややりがい、経験値となるのかなと感じました。

##ドリコム

人事の方との面談でした。ゲーム開発をする企業で、従業員数が300人くらいだけど伸び率が凄い!という印象を受けました。まだまだベンチャーだけど、可能性を秘めていると説明を受けましたが、それよりも自分の心に響いたのは、勉強会や技術イベントなどを積極的に行っている点で、エンジニアの成長は会社の成長につながるという点を示してくれているように感じました。また、高校生や高専生、大学生を交えたイベントなども行っているらしく、自分もそこに参加して叩き潰されたいなと思いました。。。笑笑

これからの企業に関われることはとても夢があるし、勉強会の文化なども非常に興味があるのでとても魅力的に感じました。

ヤフー

人事の方との面談でした。2週連続でお話しさせていただいてとても楽しかったです。

ヤフーは最近だと顔認証でお買い物ができるシステムを開発していたり、PayPayの拡張、ヤフー天気の進化など様々な領域に足を踏み入れていて、流石の大企業だなと思いました。また、ヤフーの抱えるユーザーやマップなどの膨大なデータを利用して新規事業を開始したり、社内での発言権など積極的な行動が推奨されている環境ということで、この企業で働きたいなと思いました。また、日本を世界で一番便利な国にするために

個人的には昔から使っているサービスで、さらに挑戦させてくれる環境であり、エンジニアのレベルもとても高いところに魅力を感じ、これからの事業の発展やLINEとの経営統合の行方にも注目していきたいなと思いました。インターンもエントリーしているので、選考の倍率が凄い高いらしいですが頑張ります!

全体のまとめ

自分のプレゼンの下手くそ度合と、技術力の低さに痛感しつつも楽しむことができました。

また、それぞれの企業のごとで目指している部分が違ったり、働く環境も違ったりといろいろなものが見えてきました。

僕はありませんでしたが、人によっては後日連絡が来てインターンの選考一部パスしてもらえたり、スペシャルオファーがもらえたりするみたいなので、参加して損はしないと思います。

このような貴重な機会を提供してくれたサポーターズさんには感謝しかないですし、これからもお世話になりたいと思っています。

これからのキャリア形成においてもすごく自分にとってプラスになるイベントでした。これからもエンジニアとして生きていくために努力していきたいと思います。

では。